読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケーキとなると話はどこからでも始まる in 東京

東京近郊のおすすめケーキ屋さんを食べ歩き

ジュン・ウジタ@学芸大学(メモ)

※メモが残っていたので、そのままあげます。記録の意味を少しくらいは果たしてくれると良いのですが。

 

フロマージュ・エラーブル

見た目かわいい、チーズとメープルシロップのケーキ。

下のサブレ台は上にクリーム系が載ってるとは思えないほどサクサク。サブレ生地はしっかりバター味だけど濃厚すぎることもなくちょうど良いです。

チーズムースにほのかな香りと味の丸みをつける、メープルシロップが味を繊細に色付けます。

 

■タルトマロンカシス

モンブランみたいですが、タルトです。アーモンドクリームのタルト台にカシスクリーム、上にマロンクリームと最後に粉糖をかけている。

洋栗のマロンクリームは生クリーム多めのなめらかタイプ。砂糖も比較的多いのかな。カシスの酸味はさほど強くありません。まあそれでもカシスは元から社長が強いんですけど。

アーモンドクリームはバターを焦がし目にいってる、香ばしさの強いタイプです。

 

■タルト・ドートンヌ

洋ナシとリンゴとアーモンドクリームのタルトです。

上のクリームはお酒で香りづけしてあります。ただ、なんのお酒なのかよくわかりません。ラムでもコアントローでもリキュール系でもなさそう。ボンボンショコラとかと近い感じと考えると、ブランデーとかなのかな? 下戸の僕にはよくわかりません。

お酒の香りと洋梨とリンゴの甘みと香り、そこにアーモンドクリームのしっかりした味のタルト生地が合わさって、パクパク食べられそうな一品です。

 

オランジュキャラメル

オレンジの香りがとても良い感じでした。

レピキュリアン@吉祥寺(メモ)

※メモが残っていたので、そのままあげます。記録の意味を少しくらいは果たしてくれると良いのですが。

ケーキ激戦区の吉祥寺を代表するケーキ屋さん、レピキュリアン。

レピキュリアンはいつ行っても混んでます。でも、外まで人が並んでるほどではないです。イートインもありますが、テーブルが2つか3つと少ないこともあり、常時待ちが出ているます。

あと、ネットの口コミを見ていると臨時休業が多いとか書いてますが、ふつうにいつ行っても開いてるので、真偽のほどは不明です。

続きを読む

ラヴィルリエ@大阪・天満(メモ)

※メモが残っていたので、そのままあげます。記録の意味を少しくらいは果たしてくれると良いのですが。

帰省する絶好のタイミングなのでラヴィルリエへ。と思ったら8/31〜9/5で今年もマパティスリーに来るそうです。2回楽しめてよりラッキーだと思いましょう!
昔はイートインがなかったはずですが、ドリンクも注文できるようになってました。

続きを読む

セ・ミニョン@白金高輪(メモ)

※メモが残っていたので、そのままあげます。記録の意味を少しくらいは果たしてくれると良いのですが。

 

パティスリーリョウコが復活したタイミングで喜び勇んで買いに行ったら、どえらい行列だったので並ぶ気にならず、かわりに初訪問のセ・ミニョンでケーキを買いました。

白金台、白金高輪から10分くらいの場所にあるケーキ屋さん。カフェスペースがたくさんある2階のお店ですが、テイクアウトもできます。

生菓子以外にチョコレートも力を入れてるようです。チョコレートは食べてないですけど。

続きを読む

アテスウェイ@吉祥寺(メモ)

※メモが残っていたので、そのままあげます。記録の意味を少しくらいは果たしてくれると良いのですが。

 

モンブラン

外側を包む洋栗のマロンペースト、中には甘さ控えめバニラ入りの生クリーム。その下に和栗のペーストに和栗自体も、土台は水分を吸って質感が損なわれないようにチョコレートコーティングされたサクサクのアーモンドメレンゲ

マロンクリームの栗感がすごい。超濃厚です。このマロンクリームだけでも相当強い栗感に、さらにダメ押し和栗ペースト。和栗のペーストは栗きんとんみたい。

上の方を食べてる時は洋栗を楽しみ、下の方では和栗を楽しむ、2種類の楽しみが濃厚さの中に変化をつけてくれるため、サイズの大きさにも飽きることなく最後まで楽しめます。

 

■サントノーレ

ブルーベリーと栗のクリームで構成されたサントノーレ。

プチシューの中に入ってるの状況証拠的にはマロンクリームなんですけど、これイモじゃないです?プチシューの奥にも栗の甘煮とマロンクリームと一緒にいる。マロンクリームの配分の違いで表情変えてるだけなのかもしれないですけど。

シュー生地も上の3つと台座で粉が違うのかな。塩の配分が違うだけ?とまれ上と下で味が違う凝りよう。

中のブルーベリーのコンポートも濃厚でめちゃくちゃ美味しい。

 

タルトタタン
・バニラビーンズの粒が見える生クリーム。
・幾層にも重ねられたりんごのコンポート
・台座のビスケットと周りについたザクザクしたビスケット

レザネフォール@恵比寿(メモ)

※メモが残っていたので、そのままあげます。記録の意味を少しくらいは果たしてくれると良いのですが。

 

フロマージュトロピック

パートシュクレ、バパマンガアパレイユ、パイン、フロマージュムース

■サランボ

表面を黒糖でキャラメリゼしたシュークリーム。黒糖のコクとキャラメルの苦味がシュークリームに足されていて、シュークリームだと思って食べると不思議な感じ。でも美味しかったです。

モンブラン

上に甘いメレンゲ、マロンクリーム、生クリーム、栗に、外側がパイ生地で中はアーモンドクリームのスポンジというちょっと変わった土台の構成。

軽さを出したいモンブランかな。生クリームも甘さ控えめですし、マロンクリームも栗の味はしっかりでてるんですが、濃厚に栗!って感じでもないですし。

パイとスポンジをどっちも楽しめるのは良いかもしれませんね。1ピースで2度美味しい的でお得、かも。

シャン・ドワゾー@川口(メモ)

※メモが残っていたので、そのままあげます。記録の意味を少しくらいは果たしてくれると良いのですが。

 

■デリカテス・ド・スーボア

ヘーゼルナッツのバタークリーム
ラムがちょびっとアクセント
カシスのバタークリーム
ダックワーズ生地もヘーゼルナッツ
あとちょっとだけ紅茶入ってます?

濃厚さと口当たりの軽さを兼ね備えたケーキ。おいしい。

 

モンブラン

和栗のマロンクリーム、中には、生クリーム、栗、カスタードクリーム、薄めのスポンジに、台座はサブレ。

和栗のマロンクリームを楽しむために作られたかのような、主従のはっきりしたモンブラン

カスタードクリームが相当甘さ控えめ。周りとの対比もあり、砂糖入ってないんじゃないの?ってくらいに甘さを抑えている。が、これが良い。

カスタードクリームとスポンジ生地がサブレを水分から守っているので、サブレがちゃんとサクサク食感を保っている。

マロンクリームをボッテリさせる分、生クリーム、カスタードクリーム、スポンジを軽くして、台座も口どけの良いサブレになってるので、トータルでは重さが出てないバランスは良い。

食後感は意外とサブレのバター味が強く残る。

 

モンブラン・ア・ラ・フランセーズ

洋栗のマロンクリーム
生クリーム
メレンゲ

マロンクリームはこっちも超濃厚。ラムの味がとても強い、大人。