ケーキとなると話はどこからでも始まる in 東京

東京近郊のおすすめケーキ屋さんを食べ歩き

アステリスク@代々木上原(メモ)

※メモが残っていたので、そのままあげます。記録の意味を少しくらいは果たしてくれると良いのですが。

 

■フリュイルージュ・オ・マロン
栗のムースとベリーのコンフィチュールのケーキです。と言うとモンブランカシスの様な栗を引き立てるベリーの酸味、みたいなものを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

でもこのケーキは僕(たち)がイメージする栗とベリーの主従関係ではなく、イコールパートナーの関係を築いています。

栗のまるっとした甘みとベリーの直線的な酸味が合わさって栗だけでもベリーだけでも出せない味わいを作っています。彦摩呂風に言うなら「味の大型対等合併や〜」でしょうか。おもんないのは分かってるのでそっとしておいてください。

マロンムースと栗を練り込んだスポンジ生地、その下にはスポンジにベリーの味がうつらないように敷かれた生クリーム、最下部にベリーのコンフィチュール、そして土台はアーモンドクリームのタルト台、という構成です。

 

エクレール・オ・カプリス
マロンクリーム
生クリーム(バニラと何かはいってて超良い香り)

ラズベリー
カスタードクリーム
下にラズベリーのコンフィチュール
シュー生地(バターの香ばしい香りが良い)
上にナッツ

丁寧な仕事! おいしい。

 

■ラパン

グレープフルーツのブリュレとライチムースと書いてたから爽やか軽やか系のケーキを期待してたけど、いやはや人はイメージで判断してはいけませんな。人じゃないけど。

グレープフルーツのブリュレ、ライチのムースの、イチゴジャム、ココナッツを入れて焼いたスポンジ、それぞれが前に前に出てくるタイプのケーキで、かなりハードパンチャータイプのケーキでした。

個人的にはココナッツのあの独特の甘い香りがそんなに好きではないので、ココナッツの香りが強すぎると感じてしまったのが正直なところです。でもそれはこのケーキの良し悪しではなくて僕の好き嫌いの問題なので、当然このケーキの価値とは無関係です

ココナッツがそこまで好きじゃない僕にとっては、もうちょっとグレープフルーツやライチを楽しみたかったという印象が残ったけれど、それでも美味しいケーキです。

 

■ラビリンス
フランボワーズ風味のショコラムースのケーキ。

ショコラムースにフランボワーズピューレの酸味がよく合います。真ん中のクリーム部分も土台部分も半分がスポンジになっていて、それが深みをつけている様に思う。

あんまり理解できてないけど、美味しかったです!


■マロンパイ
一粒栗とマロンクリームが入ったマロンパイ。

さっくりと軽いパイ生地。この軽さだからこそ、このサイズでもペロリと食べられます。マロンクリームはかなり甘みが強いですが、パイ生地と一緒に食うならこれくらい甘くないとダメなのでしょうね。