ケーキとなると話はどこからでも始まる in 東京

東京近郊のおすすめケーキ屋さんを食べ歩き

ジュン・ウジタ@学芸大学(メモ)

※メモが残っていたので、そのままあげます。記録の意味を少しくらいは果たしてくれると良いのですが。

 

フロマージュ・エラーブル

見た目かわいい、チーズとメープルシロップのケーキ。

下のサブレ台は上にクリーム系が載ってるとは思えないほどサクサク。サブレ生地はしっかりバター味だけど濃厚すぎることもなくちょうど良いです。

チーズムースにほのかな香りと味の丸みをつける、メープルシロップが味を繊細に色付けます。

 

■タルトマロンカシス

モンブランみたいですが、タルトです。アーモンドクリームのタルト台にカシスクリーム、上にマロンクリームと最後に粉糖をかけている。

洋栗のマロンクリームは生クリーム多めのなめらかタイプ。砂糖も比較的多いのかな。カシスの酸味はさほど強くありません。まあそれでもカシスは元から社長が強いんですけど。

アーモンドクリームはバターを焦がし目にいってる、香ばしさの強いタイプです。

 

■タルト・ドートンヌ

洋ナシとリンゴとアーモンドクリームのタルトです。

上のクリームはお酒で香りづけしてあります。ただ、なんのお酒なのかよくわかりません。ラムでもコアントローでもリキュール系でもなさそう。ボンボンショコラとかと近い感じと考えると、ブランデーとかなのかな? 下戸の僕にはよくわかりません。

お酒の香りと洋梨とリンゴの甘みと香り、そこにアーモンドクリームのしっかりした味のタルト生地が合わさって、パクパク食べられそうな一品です。

 

オランジュキャラメル

オレンジの香りがとても良い感じでした。