ケーキとなると話はどこからでも始まる in 東京

東京近郊のおすすめケーキ屋さんを食べ歩き

レピキュリアン@吉祥寺(メモ)

※メモが残っていたので、そのままあげます。記録の意味を少しくらいは果たしてくれると良いのですが。

ケーキ激戦区の吉祥寺を代表するケーキ屋さん、レピキュリアン。

レピキュリアンはいつ行っても混んでます。でも、外まで人が並んでるほどではないです。イートインもありますが、テーブルが2つか3つと少ないこともあり、常時待ちが出ているます。

あと、ネットの口コミを見ていると臨時休業が多いとか書いてますが、ふつうにいつ行っても開いてるので、真偽のほどは不明です。

エクレール・カフェ

コーヒークリームが入ったエクレア。ちょっと塩気のあるしっとりしたパイ生地に甘いコーヒークリーム。

 

ミルフィーユ・オ・フランボワーズ

飴がけしたパイ生地の間にクレームレジェール(カスタードクリームに生クリーム入ったやつ)とフランボワーズ。

これ、美味しい! クリームとパイ生地やフランボワーズとのバランスが絶妙です!軽く仕上げたクリームとフランボワーズの酸味がマッチしています。パイ生地はストレートなバターと小麦の味がするもので、飴がけしてますが特にキャラメルの苦味みたいなものも感じません。

これ、クリームにちょっとオレンジ入ってませんか?(上段だけかな、入ってないのかな)。

いやー、美味しいです。

 

モンテビアンコ

マロンクリーム、生クリーム、チョコスポンジ、カスタードクリームを敷いたパイ生地のタルト台。

マロンクリーム、お酒の香りが強いです。

チョコスポンジ、エスプレッソが入ってる。コーヒーの香りとマロンクリームのお酒の香りでぐっとアダルティに仕上がっています。

パイ生地なんか変わった味するなあ、と思ってたらパイ生地とカスタードクリームの中にりんご入っとる。レピキュリアン(店名と同名のケーキ)のパターンですね。

 

■エロス

フランボワーズとローズのムース、下にはカスタードクリームとさらに下にはリンゴのコンポート。

レピキュリアンや上に書いたモンテビアンコと同じパターンですね。フランボワーズの酸味とローズの香りが効いたムースが美味しいです。

 

■レピキュリアン

店名を冠したリンゴのシブースト。

表面に薄いカラメルの層、中にはフランボワーズの身とソース、下にはカスタードクリームとリンゴのコンポート、パイ生地のタルト台という構成。

カラメルのコクやフランボワーズの酸味がクレームシブーストに対して良いアクセントになっています。