ケーキとなると話はどこからでも始まる in 東京

東京近郊のおすすめケーキ屋さんを食べ歩き

リョウラ@用賀でおいしいケーキを食べた話

休日の昼頃に、電車を乗り継ぎ用賀駅まで馳せ参じましたよ! 行ったのは2016年の年末ですが、今更ながらアップアップ。

リョウスケさんがやっているから、リョウ。そこに未来を表すraをつけてリョウラ、だそうです。あるいはリョウのオーラでリョウラだそうです。店名の由来を聞くのはなんだか照れちゃうぜ。

ミルフィー

塩気のあるサクサクパイ生地でクレーム・ムースリーヌ(カスタードクリームにバタークリームを足したやつ)をサンドしたミルフィーユ。
ムースリーヌはカスタードクリームの優しい甘さにバタークリームのコクが足されていて美味しいです。多分、バニラの風味を加えているんじゃないかと思いますが、いかがでしょう。

パイ生地は単体で食べると塩気が結構強いのですが、ミルフィーユとしてムースリーヌと一緒に食べると塩気と甘みとバターの香りが相まってとてもバランスが良いです。

パイ生地とムースリーヌの接地面はキャラメリゼがしてあり、パイ生地のサクサク感をキープするとともにキャラメルの苦味と甘いコクがさらに彩りを加えています。

キャラメル自体は苦味の強いものではないですが、パイ側に塩気があるので、これくらいがちょうど良いバランスなんだなと思いました。

これ、とても、美味しいです!

モンブラン

マロンクリーム、生クリーム、渋皮煮のペーストにメレンゲ台という構成。栗は宮崎県産の和栗を使っているそうです。

驚いたのは渋皮煮のペーストに甘みを全然足してないこと、不思議な感じです。その代わり生クリーム側にほのかに甘みを足しています。なんだろこの甘み? 上白糖やグラニュー糖とはちょっと違う気がするんですけど、気のせいかな。。。

あと表面のマロンペースト、これ濃厚でとても美味しいんですけど、なんか普段食べてるモンブランとは別のものが入ってると思うけど、、、何だろ? お酒でもない気がするし、変わった砂糖使ってるのかな? んー、気のせいかしら。

気をてらっているわけでは全然ないんですけど、ど真ん中ストレートでもない、ボール半個分ずらした技ありケーキって感じです。

そして、これまた、とても、美味しいです!!

タルトフレーズ

丸いアーモンドクリーム生地のタルト台にカスタードクリーム、その上にこれでもかとイチゴが乗ったイチゴタルトです。タルトを切ろうとするとたっぷりのったイチゴが思わずタルト台から零れ落ちてしまうほどです。

美味しいです!

エクストレーム

ドゥーパティスリーカフェ時代にスペシャリテとして出されていた、チョコレートケーキです。

濃厚なチョコレートのガナッシュとビスキュイ生地のケーキで、ブランデーで香り付けされています。使われているブランデーはアルマニャックという銘柄だそうです。シンプルなケーキだけど美味しいです。

総評

ケーキの説明で「美味しい」って書くのって、相当芸がないことですよね。どう美味しいんだよ、を上手に説明しないと文章力つかないぞと。わかってるんです。でも、言わせてください。リョウラ、どのケーキもとても美味しいです! いまの僕には、これしか言葉が出ないです。

リョウラについて

用賀駅の北口から徒歩3分程度。一応商店街の一角になるのかな?

リョウラ
住所:東京都世田谷区用賀4-29-5 グリーンヒルズ用賀ST 1F
時間:11:00~19:00
休み:不定休
シェフ・パティシエ:菅又亮輔さん
http:// http://www.ryoura.com/

イートインスペース

イートインスペースはありません。

今日の一曲:One a Sunday - BES


バカで不器用なラブソング。