読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケーキとなると話はどこからでも始まる in 東京

東京近郊のおすすめケーキ屋さんを食べ歩き

ツッカベッカライカヌヤマ@溜池山王でオーストリアを体験した話

溜池山王駅から徒歩5分程度、オフィス街の真ん中に鎮座するツッカベッカライ・カヌヤマへ。訪問したのが夕方だったので、人気のザッハトルテやクッキーは、当然のごとく売り切れ。クッキー(ティー・ベッカライ)が買いたい方は予約するか、オープン直後くらいにお邪魔した方が良さそうです。

今日は気分でふらっと寄っただけなので、残っていた商品の中から3点をチョイス。

アプフェルシュトゥルーデル

オーストリア/ドイツ版アップルパイと言って良いのではないでしょうか。上には粉糖がかかっています。

パイ生地がとても薄いです。本当に一応パイで包んでますくらいに薄い。パイ生地の香ばしさがもっと有っても嬉しいですが、これはこれで良いですね。リンゴの甘さで勝負してます! 瑞々しくやらせてもらってます! って感じ。(←なんか違う・笑)

リンゴのコンポートは甘すぎず酸っぱすぎないちょうど良い感じです。レーズンとシナモンも入っていますが、どちらもそんなに主張が強いわけでもなく、やっぱり主はあくまでリンゴ。とは言え時々ふと広がるレーズンの味と香りは嬉しい気持ちになりますね。

マンデルトルテ

アーモンドクリームのビスキュイと薄く塗られたバタークリームを重ねて層にしたケーキ。

しっとりふわふわのスポンジに濃厚なバタークリームがうっすら塗られていて、それが層になっているみたいなケーキです。そして、表面というか一番上にはプラムパフみたいなのがかかっています。

スポンジ生地のしっかりとした甘みとバタークリームの濃厚さが重なる、見た目と同じく超シンプルで上品なお味です。

カイザーショコラ

濃厚なチョコレートガナッシュケーキです。

上にはココアパウダーがかかっており、食べてみるとオレンジとラム酒の香りがかなり強い大人なケーキです。

ツッカベッカライ・カヌヤマについて

オーストリア国家公認のコンディトールマイスターである栢沼 氏のお店です。コンディトールマイスター(コンディトアマイスターとも言うそうです)はインターネットで見た知識なので間違っているかもしれませんが、受験には7年の実務経験が必要で、受験できるのは一生に一度だそうです。

お店は溜池山王の9番出口から歩いて3分くらいです。

ツッカベッカライ・カヌヤマ
住所:東京都港区赤坂1-4-5
時間:11:00~18:00
休み:日祝/月(1,3,5)
シェフ・パティシエ:栢沼稔さん
http://www.z-kayanuma.com/

イートインスペース

イートインスペースはありません。

今日の一曲


フォーク・クルセイダーズの「悲しくてやりきれない」を歌手のコトリンゴさんがカバーした一曲。映画「この世界の片隅に」の主題歌?挿入歌、です。良い歌詞。コトリンゴさんは良い声ですね。